2011.4.28 春のスペカ祭り

どもdも、気づかぬ間に妖々夢のスペカ全取得が射程圏内に入っていたらしく、しばらくは時符そっちのけで主に針巫女でスペカ取得のプラクティス地獄に興じておりました。ついでに永夜やら紅魔なども

まずは、永夜のスペルプラクティスを魔理沙単体で全取得(レミリア単体、冥界組に続いて)

余っていたのは「インペ」「蓬莱の薬」「永夜返し」「グランギニョル」って感じでした。「蓬莱の薬」はルナを2回で取得という快挙、対して「グランギニョル」は90回ぐらい。魔理沙単体だと4セット目まで突入するんでパターン構築に手間取りました……

全体を思い返すと「イベントホライゾン」がまさかの使い魔に当たり判定付き(妖怪には当たり判定ナシ)でエラい苦労したようなそうでもないような

永夜

次に、妖々夢のスペカを全取得

余っていたのは主に「ストラディヴァリウス」「業風神閃斬」「生者必滅の理(Nor〜Luna)」「墨染」「八分咲き」といったところ。ストラディは避け方知らないと厳しい(;´∀`) 神閃斬は幻符で案外簡単に習得、生者必滅はなるだけパターン化、墨染は多少の気合で

妖々夢のスペカだと神閃斬と並んでオルレアン人形がキツいことで有名ですけど、こっちは通しプレイで取得していたので。あとはファンタズムの黒死蝶がなかなかの鬼門

妖々夢

最後に残ったのは当然というか八分咲き、さてどうして取得したものかって……。永夜ラスワの無余涅槃とは違い、赤弾が拡散する前「東方妖々夢」の「方妖」ぐらいの高さで左右移動で赤弾を中抜けすると俄然楽ですね、その後の大弾がかなりシビアなタイミングで飛んできますが

妖々夢_2

最後に、紅魔郷のスペカを見た目上は全取得

といっても「みた目上」の通り、紅魔郷のスペカは同名称の難度違い、例えばスカーレットマイスタのHardとLunaを同じモノとしてカウントするので、実際はHard迄とExtraのスペカを全取得しただけですが……

QEDは巷で言われるほど難しくはないですが(もちろんフランちゃんの期限次第で詰みに近い場合もありますがー)、エクストラの最後ということでやはり取得までの道のりは長かったですねー。ただ単品の難度でいえば永夜のラスワやらと比べると一段階落つる気もしますが

紅魔

コメントをどうぞ