2012.4.16 風神録 Lunatic 魔理沙A とか

飽きずに今日も東方をぼちぼちプレイしているのですが、
というワケで風神録の魔理沙です、使いにくいです(レーザー除いて)。

正直なところ、使いづらさが凡ミスに直結しやすいので、
作品問わずに自機として魔理沙を使うのはあんまり好きじゃないのですが……。
そもそも初めてプレイしてた頃は紅妖永風地、
と、全部魔理沙からノーマルとエクストラをクリアしていたんですよね、今思えば。

当時は移動速度が速い方が中級者っぽくて格好いいだとか、
そもそも論としてキャラの好き好きとして霊夢にあまり魅力を感じず使っていたような気がしますが。
(最近は茨歌仙のおかげで霊夢もけっこう好きなんですけお)
永夜抄のルナの攻略あたりから素直に強機体を使うようになっていったと記憶しています。

th10_02

「強い機体を使う」ってのは個人的にSTGをやる上で結構重要な概念だと思っていて、
特に東方なんかは自機の性能差がかなり荒ぶっている場合が多くて、
プレイヤーと機体との相性よりも機体の性能差の方がダイレクトに結果に直結するという。

まぁ、つまるところ縛りプレイでもないんだから、
よほど強い拘泥がない限りは強機体の方がストレスなく快適にプレイできるって話なんですけど。

th10_01

閑話休題。
風神録の魔理沙A通称グラマリの特徴は、
グラディウスよろしく最大4つのオプションが自機を追尾するという特性。
高速時はオプションが尻尾のように自機を追尾して、低速時はオプション配置が固定のまま自機を追尾。

オプションを自在に操ることでどんな状況にも対応できる……、
なんてことはなく、弾で埋め尽くされた画面にオプションの配置に避ける余裕なんて基本的にないです。
ちょっと余裕があるかな、とオプションの配置を直そうとすると大体被弾します、ぐえー。

ただ、配置にあまり気を使わないと気を使わないで、
自機の片側のショット範囲を一切オプションがカバーしていない状況なんかだと
結構な確率で撃ち漏らしが発生して思わぬ自機狙い弾で乙ります。

最大の問題点は、この機体専用のパターンを組んでいないことにあるような気もしますが、
他の機体だとここまで辛くないのに……、とか思いながらプレイするのは結構疲れます、という話。
そもそも論として、オプションにあまり気を使っていないつもりでも、
脳のリソースの一部がオプションの操作に無意識に割かれるので回避精度も低下気味になるのがなんとも……。

ゆーてもちゃんと繋がればそれなりの残機でクリアは出来るのですがー。
風神録はほどほどの難易度で楽しいナリヨ。

コメントをどうぞ