2012年3月 のアーカイブ

2012.3.26 星蓮船 Lunatic 早苗B

数十時間におよび苦行の末に早苗B、地獄より生還す。

th12_02

Stage4 と Stage5 が抱え落ちの名所すぎて悪夢のようだったよ……。
残機7で Stage5 までいって白蓮さん(ラスボス)を拝めなかったときは流石に心が折れかけた。

th12_01

終わってみれば残機3つを残して伝説の飛空円盤。
まぁ残機2ボム1で伝説の飛空円盤まで行って抱えまくって満身創痍(GAMEOVER)になったこともあるんだけど……。

神徳ほど鬼畜ではないけど地霊殿や神霊廟のラストと違って、
ヌルい要素はまったくないのが飛空円盤、油断しなくても容赦なく抱えて死にます。

th12_00

100時間まで行かなくてよかったよね……。
散々苦戦した地霊殿もせいぜい50時間程度なので、星蓮船に吸われた時間たるや凄まじい。
東方の他の作品と比べるとやっぱり頭2つ抜けて難しいよこれ。

これにて、紅魔郷、妖々夢、永夜抄、花映塚、風神録、地霊殿、
星蓮船、妖精大戦争、神霊廟の Lunatic を全部ノーコンティニューでクリア、やったね!

2012.3.11 地霊殿 Lunatic 霊夢A

キスメちゃんのスペカの挑戦回数が200回になるちょっと前ぐらいにクリア。
Stage3 の道中のパターンをマジメに覚えたら一気に安定。

地霊Luna 01

紅魔や風神録と同様に、Stage3 までをなるだけノーミスでクリアするのが必須。
Stage6に残機を2個持ち込めれば十分クリア出来るが、やはりStage5が鬼門。

といっても、残機をありったけ持ち込めれば抱え落ちの連鎖さえなければ何とかなるので、
実際問題として課題となってくるのは Stage1 〜 Stage3 を安定させる練度だと思う。

地霊Luna 02

Stage6 は相変わらずそこまで難しくない(通常2と通常4は大嫌いだが)
が、残機0であと少しでエクステンドという場面があると本当にヒヤヒヤする。

地霊Luna 03

エクステンドの方式が特殊すぎて他作品と難度を比較するのが難しいけど、
個人的には、地>風>紅>妖>永って感じかなぁ、永夜はダントツで簡単だけど。
神Lunaはどんなのだったか忘れた(;´∀`)

2012.3.10 紅魔郷 Lunatic 霊夢B

ホーミングと比較して針だと Stage3が非常に楽。
具体的には、中ボス後の道中がボム不要に、
火力が高い恩恵で美鈴の通常4も1セット避ければ撃破できるなど。

反面、ボムの無敵時間が心もとなかったり、
Stage4のボス前の自機狙い毛玉なんかは位置取りが悪いと水平に撃たれて詰むものの、
総合的にはホーミングと比べて圧倒的に楽。

鬼門と思われたベリーインザレイク(プリセンスウンディネ)も最悪2ボムあれば突破出来るので。
むしろ、フォレストブレイズと比べてエメラルドメガリスがめんどい……。

2012.3.10 紅魔郷 Lunatic 霊夢A

一念発起して昨日ぐらいから紅魔郷Lunaの攻略に取り組んでいたんですが、
苦節8時間くらいで取り敢えずクリアできました。

紅魔Luna_01

紅魔だと喰らいボム数がミス数に加算されるので、
実質8ミス26ボムですね、ボムの消化率は86.7%(26/30)。
抱え落ちは、美鈴の通常2、パチェの通常1、咲夜さんの「ザ・ワールド」。
安定スペルの「ザ・ワールド」で抱えるって……。

Stage6時点で2/1、マイスタで0/3、紅色の幻想郷で0/2、0/0でクリア。
これはなんという気合ゲー……。

紅魔Luna_02

Lunaも残すところ地霊殿と星蓮船のみですが……、
地霊殿も他と比べて厳しめなイメージだが星蓮船は群を抜いてキツいからなぁ……。

2012.3.5 サイドバーのリストを手直しする

HTML4の仕様では<a>タグがインライン要素となっており、
<div>タグや<li>タグといったブロック要素を子に持つこと出来ず、
ブラウザの仕様上は<div>の内部全体をアンカー(リンク元)として機能させる使い方が出来ても、
HTML4の仕様には準拠していないのでアレである、といった感じだったと思うんですが。

HTML5になってコンテンツモデルという概念が出てきたらしく、
この概念では<a>タグはtransparetな要素となっており親要素の属性を受け継ぐとのこと。
すなわち、<div><a><div>…</div></a></div>といった記法が文法的に許容されるらしい、おそらく。

ということで、折角なのでWordPressのサイドバーを弄ってみることに。
現状だとdiv:hoverでdiv要素にカーソルが重なった際に背景色が変化するんだけど、
肝心のアンカーとして機能する部分は文字だけである、という不便な仕様。

<li><a><div>…</div><a><li>なる構造もHTML5に準拠しているようなので、
そんなワケで<a>要素のなかにdivタグを仕込んでみることにします。

まずは recent post から、ウィジェットの作成には Executable php widget を利用。
以前まではプラグイン Customizable Post Listings の c2c_get_recent_posts() 関数を使っていたんですが、
今回は折角なんで日付を絶対位置として右下に固定し、かつ
記事タイトルと日付とが重なって表示されないように、
記事タイトルの文字列長(半角換算)を mb_strwidth() 関数を使って調整します。
(このときの文字列長は固定値の決め打ち、しゃーなしだな)

他の要素(カテゴリ、過去ログ、ブックマーク)についても、
デフォのウィジェットだと痒いところに手が届かないので
wp_list_categories()やwp_get_archives()、wp_list_bookmarks()といった関数を
preg_matchで適当に検索置換して都合の良い感じに改変します。
(直接db叩いてリスト整形した方が正規表現で置換するより圧倒的にサーバの負荷が軽そうですががが)

結構というかかなりいい加減な感じですが、
素人工事だとこんな感じでいいんじゃないかなー、と。
余裕があったら Executable php widget からプラグインの形に直したいかも

<ul id="recent_posts" class="mod_widgets">
<?php
	$encode = get_bloginfo('charset');
	$recent_posts = wp_get_recent_posts('numberposts=10&post_status=publish');
	foreach( $recent_posts as $recent ) {
		$br_flg = ( mb_strwidth( $recent["post_title"], $encode) % 40 > 28 );
		$style = $br_flg?' style="padding-bottom:1.5em"':'';
		echo '<li><a href="'.get_permalink($recent["ID"]).'" title="view post'.$recent["ID"].'"><div'.$style.'>'.$recent["post_title"].'<span class="post_date">('.mysql2date('n/j',$recent["post_date"]).')</span></div></a></li>';
	}
?>
</ul>
.mod_widgets div .post_date, .mod_widgets div .cat_num, .mod_widgets div .archive_num {
	color: #888;
	position: absolute;
	right: 0;
	bottom: 0;
}
最近の投稿 カテゴリ