黄金の国イーラ

お疲れ様です。

9月14日(金)からゼノブレイド2の大型DLC黄金の国イーラの配信が開始しております。というワケでクリアしました。よかった。

黄金の国イーラはゼノブレイド2の500年前を描くシナリオです。ゼノギアスで例えるのであればフェイの前世であるラカンがどのように生き如何にしてグラーフとなったのか、そのミッシングリンクにあたるシナリオに相当する内容を、2018年ゼノブレイド2ではDLCで補完されるのです。素晴らしい時代です。

ゼノブレイド2の本編では英雄と謳われる先代の天の聖杯のドライバーであるアデルがどのような人物であったか、何を無し、何を為せなかったのか。そして後のイーラの首魁となるシンに何があったのか。本編で明示された最期に至る物語は希望に満ち、であるからこそして辛いです。後半は本当にとても辛い。

システム面は本編の不満点の多くが解消されております。ユニークエネミーの墓がマップ表示されるのは早く本編にも逆輸入して欲しいですね。

戦闘システムも、本編では実に50種類以上のレアブレイドがいるため実現出来なかった(と思われる)、ブレイドが(ドライバーとスイッチして)戦うシステムに変更され、そうそうこれだよこれ、というプレイヤーが求めたバトルが提示されております。(ブレイドコンボの縛りも無くなり、かなり自由に戦えます。)

思えばゼノブレイド2だけの為にSwitch買ったのが去年の11月末で、12月1日発売からDLC含めて1年間楽しみました。本編の総プレイ時間が250時間くらいでイーラ編が40時間くらい。

高橋監督作品のゼノギアス好きマンならずとも絶対にハマると思うので是非やってみてくださいね。前作のゼノブレイドも面白いんだなこれが……。(クロスと併せてはSwitchに移植してくれないかなぁ……)

音楽もすっごくいいのでイーラ編のサントラはよ。

スクライド オルタレイション

お疲れ様です。

スクライドといえば放送当時にエライ勢いでのめり込んだコンテンツなのです。その時どれくらいハマっていたかって1カット見れば何話のどのシーンか大体分かるくらいは観まくってました。

さて、2011年には10周年記念で劇場版も公開されたんですがその時は当方的にスクライドは完結したコンテンツだしなぁ、という思いで観に行かなかったんですよね。

そんな劇場版を今更観まして、QUANとTAO。

スクライド オルタレイション

TAOはよく纏まってるなぁって思いました。(小並感)マッドスクリプトは完全カット当然として、かなり好きな回であるところ社長のエピソードがまるっとカットされたのは仕方ないとはいえ残念でした。

一方でQUANはなかなか厳しいなぁ、と。まぁ最後の殴り合いがあれば満足できる映画ではあるのですがかなり端折ってる印象を受けました。尺の都合から物語を再構成していたり面白い試みもあるのですが如何せん尺が……。

前半戦のクライマックスがああなったことでラストの「こっから先は初めてだろうが」が成立しなくなってしまったのが結構悲しい。あそこの掛け合い好きなんですよね。まぁ好きなら好きでDVD引っ張り出してオルタレイションは10年後の別物と受け取ればいいのですが。

QUANのインタビューで酒井ミキオ氏が「観た人の中に10年間も残っているのは、この10年間に少年少女だったファンは苦悩や悲しみという壁を経験し、それにぶつかった時の答えが『スクライド』の中にあったからじゃないでしょうか?」という言葉が印象的です。

仕事がウンコすぎて死にそうなのですが、このタイミングでスクライド オルタレイションを観たのも何か必然に思えます。ロストグラウンドに生きるアルター使いや君島くんたちの生き様を見つつ自分はどうしようかなぁ、と思う次第でした。むむむ……。

イラストレーターさんに金を払おう

お疲れ様です。

色々あってソーシャルゲームから足を洗ったんですが、クリエイターさんには投銭をしたいので以下のようなサービスに最近登録しました。

PIXIV FANBOX … 前屋先生が登録してたので登録しました。500円払うんで素敵なイラスト書き続けて欲しい。(小並感)

pateron … LM7先生が登録していたので登録しました。限度額の$15でも10連ガチャの半額なので神撃のバハムートやめてpateronやりましょうね。

ちなみにLM7先生はKICK STARTER十羅菱らな Figure Projectのバッカーを募集しているので気になった方はチェックして味噌汁。私は限定ブルー迷彩バージョンを申し込みました。

また、個展LAVENDER QUARTS EXHIBITIONを中野で6月24日(日)までやっているので都内の方は行ってみてください。LAVENDER QUARTSについては先日、公式サイトの方も公開されております。

イラストレーター LM7の個展が初開催 鳩羽つぐ手がける若き才能

LM7先生はサイゲームスの神撃のバハムートから知ったのですが(リテュエルちゃんとかグリュネちゃんとか)独特のダークな世界観が魅力的で、またTwitterが頗る個性的なのでずっとファンをやってます。PIXIV BOOTHで変なグッズとかも売ってるので見てみてください。

上でもちょっと出てますがVtuberの鳩羽つぐもLM7先生の作品です。鳩羽つぐがツボった人はめくるめくLM7ワールドに入ってきて欲しい……。